ホームページ制作

hyacinth.

CATEGORIES----→

| - | スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.28 Wednesday * | - | - |
<< AMAZONから、届く 2 | main | FLOWER SOUL / 上原さくら >>
| note | PC、黙る
前々から騙し騙し使っていたPCが、先日、「ガガギガ!」という怖い音と共についに沈黙した。壊れました、ハイ、じゃあ新しいの買いますか、といかないのがPCの厄介なところである。PCなんてもんをポンポン買う金などどこにも無い、というのもその理由だが、何より、バックアップを取っていないデータの存在が問題だ。しかし、PCが使えないと非常に困るのであって、となればやはり「修理に出す。」という選択になるのだが、僕のPCには皆さんの想像通り、(TV)石川梨華 -「うれしみ?」.mpgや、【お宝】ソニン - 滝に打たれる.mpgといった訳の分からないファイルがディスクDにどっさり入っているのは勿論のこと、サイト運営の都合上、素晴らしい表情をした方々の異常な量の画像を一纏めにした「顔」という名を冠したディレクトリがあり、しかもデスクトップに思いっきりショートカットが置いてあるままである、というのが大問題だった。それらを修理する人に見られたら、どうなるか。修理に出す段階で、実名、住所、電話番号、更にクレジットカードの番号まで、僕の素性の全てがあちらにバレる。逃げ場は無い。個人情報の流出が問題になっているご時世である。「どこそこに住んでる○○って奴のPCには、顔ってフォルダがあるんだぜ。」そんな、修理する人が休憩時間に交わす何気ない会話が伝播し、噂が噂を呼び、うちの近所まで伝わるまでになったら、僕は一体どうやって生きていけばいいのか。PCの中を見られるということは、顔が真っ赤になるのみならず、巡り巡って社会的な死を意味するのではないか。そういう妄想にかられ、「修理に出す。」という行為が恐ろしく躊躇されたのだが、背に腹は代えられない!と腹を括り、そのまま修理に出した。それがだいたい一週間ほどで手元に戻ってきたのだけど、電源を入れても全く無反応という凄まじい状態で帰ってきて、怒声と共に即日で再度修理に出して、でまた一週間。そんな感じで更新が滞ってました!、という話。

・・・いや、まぁ更新しようと思えば余裕で出来たのだけど(はてなだし)、いい機会なのでその間はネットを完全に断った生活をしてみた。そしたらどうだ?インターネットのバカ野郎と来たら、この2週間強の期間ですっかり様変わりしやがって、今まで楽しく拝見させて頂いていたサイトに書いてあることがさっぱり理解できない。メールチェックすれば、削除する気さえ失うウイルスメール300通! その挙げ句、なに?市井ちゃん結婚?えぇ〜〜〜!!
2004.03.11 Thursday * | - | trackbacks(0) |
| - | スポンサーサイト
2005.12.28 Wednesday * | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://hyacinth.jugem.cc/trackback/11
トラックバック
page /
<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
page /
LATEST ENTRIES
RECOMMEND
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定) (JUGEMレビュー »)

amazonのレビューっつーか、収録内容の羅列を読んでるだけでもうヤバイ。「早朝マウス・トゥ・マウス (ターゲット:浪越徳治郎)」とか「信州に動きのあやしい手打ちそば屋がいた」とか、文字だけで既に笑えてくる。全然内容覚えて無いのに!2004/12/22発売予定だって!
RECOMMEND
Get Lifted
Get Lifted (JUGEMレビュー »)
John Legend
公式サイトで試聴したらなんかよかったので、メモ。2004/12/28発売。
RECOMMEND
Life is beautiful
Life is beautiful (JUGEMレビュー »)
DOUBLE, Frontpage Orchestra, Yjuji Ohno, Soulive
■まずDOUBLEの何が良いって、公式サイトで書いてる日記が良い。マス釣りしたとか、富士急ハイランドで遊んだとかがキャピキャピした文章で書かれており、あの酸いも甘いも噛分けたような女然としたルックスでこれを書いているのかと思うと、それだけでグッとくるものがある。
それはさて置き、本題。今回のアルバムは全篇JAZZだ。ちょうど↑のジル・スコットを聴いたせいでR&B meets JAZZ っつー”てい”のもんを欲する体になっていた自分にとってはこれ以上無いタイミングでのリリースだった。当然ループ&ループ。なにしろ声が素晴らしい。演奏が素晴らしい。曲が素晴らしい。中でも表題曲「Life is Beautiful」の小気味良さと煌びやかさは異常! ビッグバンドジャズが持つ、妙にクリスマスっぽい雰囲気もあいまって、当分の間エンドレスループが続きそうです。
RECOMMEND
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Jill Scott
最初に聞いた時からどうにも心地よくて、それでいてどこかで聴いたことのある感じがずっとしてて。でも所謂ニュー・ソウルとかって全然しっかり聴いた記憶が聴いてなくて、それがラブタンバリンズじゃねえか?と気が付いた時に自分の中で合点がいった。うわー成長してねぇーっつって。もうどうしようってぐらい名盤。
ARCHIVES
LINKS
PROFILE


▲このページの先頭へ