ホームページ制作

hyacinth.

CATEGORIES----→

| - | スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.28 Wednesday * | - | - |
<< 二人ゴト〜後藤さんと田中ちゃん〜を観る(後半戦) | main | ソニンのANNRを聴く >>
| hello! | 恋愛戦隊シツレンジャー
http://www.tsunku.net/comments.htm

失笑どころの騒ぎじゃない。さすがにこれは過ぎた悪ノリだろう。最早つんく♂がつける曲タイトルになんて如何様なモノが来たって動じないし、むしろバッチ来い!の姿勢をキープし続ける自信があった自分だが、こればっかりはどうにも受け入れられない。何が嫌って、つんく♂が完全に笑いを取りにきてるのが嫌だ。その姿勢が嫌だ。確かに、バカタイトル前科100犯のつんく♂のことだから、これがナチュラルに出てきた、或いはクソ真面目に考えてつけたタイトルである、という可能性も否定できない。しかし、今回の件に関しては、完全に笑いを取りにきていると断言したい。何故なら、このタイトルが誰の目にも選択肢無しでいきなり”滑っている”という印象を与えるからで、当たり前だが、笑いを取りに行かなければ”滑る”ということは発生するはずもなく、”滑っている”ということは、つまりつんく♂が真正面から笑わしにかかってきたという証拠だからだ。別に失笑モノのタイトルが嫌だと言ってるわけじゃない。このカメラ目線で入魂のボケをかますみたいな姿勢が嫌なだけだ。

おおよそ現場では、ランランと目を輝かせ、さぞかし究極のしたり顔をしたつんく♂がいたことだろう。恋愛戦隊シツレンジャーってどうやろ?これおもんない?ええんちゃう?あかんか?なんでやねん、心配せんでええ。案外説得力あるよ。大決定や! イェイ! おめでとう! 俺。すっごいね! 俺。CRAZY ABOUT 俺! HELLO! 新しい俺! パパに似ている俺! YES しあわせ!などと舌好調で捲くし立てていたに違いなく、そのツラを想像するだけで正直ちょっぴり幸せな気分になるという事実を否定しないが、残りの大部分を占めるのは、圧倒的な苛立ちだけだ。人によってはケンカを売られているのかと感じる程に、例によって、またすんごい幸せそうなツラしてやがった事と思う。で、そういう時に限って得体の知れないパワーを発揮してくるのが我らがつんく♂さんなのだが、またそれが酷く負けた気分にさせられるのが嫌だ。
2004.09.10 Friday * | - | trackbacks(0) |
| - | スポンサーサイト
2005.12.28 Wednesday * | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://hyacinth.jugem.cc/trackback/120
トラックバック
page /
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
page /
LATEST ENTRIES
RECOMMEND
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定) (JUGEMレビュー »)

amazonのレビューっつーか、収録内容の羅列を読んでるだけでもうヤバイ。「早朝マウス・トゥ・マウス (ターゲット:浪越徳治郎)」とか「信州に動きのあやしい手打ちそば屋がいた」とか、文字だけで既に笑えてくる。全然内容覚えて無いのに!2004/12/22発売予定だって!
RECOMMEND
Get Lifted
Get Lifted (JUGEMレビュー »)
John Legend
公式サイトで試聴したらなんかよかったので、メモ。2004/12/28発売。
RECOMMEND
Life is beautiful
Life is beautiful (JUGEMレビュー »)
DOUBLE, Frontpage Orchestra, Yjuji Ohno, Soulive
■まずDOUBLEの何が良いって、公式サイトで書いてる日記が良い。マス釣りしたとか、富士急ハイランドで遊んだとかがキャピキャピした文章で書かれており、あの酸いも甘いも噛分けたような女然としたルックスでこれを書いているのかと思うと、それだけでグッとくるものがある。
それはさて置き、本題。今回のアルバムは全篇JAZZだ。ちょうど↑のジル・スコットを聴いたせいでR&B meets JAZZ っつー”てい”のもんを欲する体になっていた自分にとってはこれ以上無いタイミングでのリリースだった。当然ループ&ループ。なにしろ声が素晴らしい。演奏が素晴らしい。曲が素晴らしい。中でも表題曲「Life is Beautiful」の小気味良さと煌びやかさは異常! ビッグバンドジャズが持つ、妙にクリスマスっぽい雰囲気もあいまって、当分の間エンドレスループが続きそうです。
RECOMMEND
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Jill Scott
最初に聞いた時からどうにも心地よくて、それでいてどこかで聴いたことのある感じがずっとしてて。でも所謂ニュー・ソウルとかって全然しっかり聴いた記憶が聴いてなくて、それがラブタンバリンズじゃねえか?と気が付いた時に自分の中で合点がいった。うわー成長してねぇーっつって。もうどうしようってぐらい名盤。
ARCHIVES
LINKS
PROFILE


▲このページの先頭へ