ホームページ制作

hyacinth.

CATEGORIES----→

| - | スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.28 Wednesday * | - | - |
<< 恋愛戦隊シツレンジャー | main | 午後2:00〜3:54/「3年B組金八先生」25周年記念大同窓会スペシャル/変な生き物がいる世界!人類はほろびる。 >>
| sonim | ソニンのANNRを聴く
いつものことだが「夜中の3時からの放送」というソニン爆発ぶりだったので、まぁいいやと思って寝てしまったのだけど、偶然目が覚めて時計を見たら3時6分だったので、運命に逆らわず聴いた。だから最初の方は聴けてないし、朦朧としてたのであまり内容を覚えていないのだけど、あとでソニン特集のプロフィールの項に書き足すべきことも言っていたので思い出せる分だけ箇条書きで。
  • 自分に自制心が無いのを知った、ということを「無知の知」的に話していた。
  • 意外にも、数学や物理が得意だとか。
  • 去年末からハーモニープロモーションに賞与が導入された。
  • 借金をしたことはない。
  • 2万円のギター買った。
  • 「よさこいが無ければ夏じゃない!」と散々熱弁しつつ、「今年、5年ぶりに参加しました!」だって。腕上げたなぁーソニン。
  • 「よさこい親善大使ってなんなんですかねぇ?正直よくわかんないんですけど。」と、思ってても言っちゃいけなそうな疑問を吐露。
  • 和田社長、初めてのよさこい祭参戦で「おい楽しいじゃねえかソニン!」
  • 上京後は、通信制の学校だった。
  • 終始「お腹すいたー」連発
  • 華氏911を観に行く。
  • 頭が良い!と人に思われるタレントになりたい。
  • 最近、日経MJを購読し始めました。って、一年ぐらい前も同じこと言ってたような気がする。
  • 大学に入ろうと思った。が、断念。
  • ギター生演奏でアイラブユー
  • 「私に足りないピースはレギュラー番組!」という冗談だか嘆きだか判然としない御得意の自虐ギャグをかまして、アンニョーン!ソニンでしたー。で終わり。
聴いてて楽しかったし、楽しそうだった。
2004.09.12 Sunday * | - | - |
| - | スポンサーサイト
2005.12.28 Wednesday * | - | - |
page /
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
page /
LATEST ENTRIES
RECOMMEND
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定) (JUGEMレビュー »)

amazonのレビューっつーか、収録内容の羅列を読んでるだけでもうヤバイ。「早朝マウス・トゥ・マウス (ターゲット:浪越徳治郎)」とか「信州に動きのあやしい手打ちそば屋がいた」とか、文字だけで既に笑えてくる。全然内容覚えて無いのに!2004/12/22発売予定だって!
RECOMMEND
Get Lifted
Get Lifted (JUGEMレビュー »)
John Legend
公式サイトで試聴したらなんかよかったので、メモ。2004/12/28発売。
RECOMMEND
Life is beautiful
Life is beautiful (JUGEMレビュー »)
DOUBLE, Frontpage Orchestra, Yjuji Ohno, Soulive
■まずDOUBLEの何が良いって、公式サイトで書いてる日記が良い。マス釣りしたとか、富士急ハイランドで遊んだとかがキャピキャピした文章で書かれており、あの酸いも甘いも噛分けたような女然としたルックスでこれを書いているのかと思うと、それだけでグッとくるものがある。
それはさて置き、本題。今回のアルバムは全篇JAZZだ。ちょうど↑のジル・スコットを聴いたせいでR&B meets JAZZ っつー”てい”のもんを欲する体になっていた自分にとってはこれ以上無いタイミングでのリリースだった。当然ループ&ループ。なにしろ声が素晴らしい。演奏が素晴らしい。曲が素晴らしい。中でも表題曲「Life is Beautiful」の小気味良さと煌びやかさは異常! ビッグバンドジャズが持つ、妙にクリスマスっぽい雰囲気もあいまって、当分の間エンドレスループが続きそうです。
RECOMMEND
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Jill Scott
最初に聞いた時からどうにも心地よくて、それでいてどこかで聴いたことのある感じがずっとしてて。でも所謂ニュー・ソウルとかって全然しっかり聴いた記憶が聴いてなくて、それがラブタンバリンズじゃねえか?と気が付いた時に自分の中で合点がいった。うわー成長してねぇーっつって。もうどうしようってぐらい名盤。
ARCHIVES
LINKS
PROFILE


▲このページの先頭へ