ホームページ制作

hyacinth.

CATEGORIES----→

| - | スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.28 Wednesday * | - | - |
<< ファンが語る99の後藤真希 | main | やっと3年B組金八先生同窓会SPを観る >>
| photo | alicia keysのボディーガードがすげぇ!!
当然、左

で、でけぇ!! っつーか恐ぇ!! この、一体なんの『組織』の『門番』をヘッドハントしたんだよ、という伝説の巨人ぶりもさることながら、一般にイメージするボディーガードのあるべき姿(黒服、グラサン、オールバックorスキンヘッド)から完全にかけ離れた異常にラフなスタイルなのが、ファッション感覚で殺るよ俺、って感じのアウト・ローぶりを発揮しまくってて猶のこと恐い。おそらくは、目があったらもう命は無いと思った方がいい。もしも隣に住んでたら絶対にヤバイ。マンション中をつんざく大音量でギャングスタラップとか聴かれたとしても、文句を言いに行ける勇者などはどこにも存在しない。また、こちらとしても下手にパブリックエネミー等のニガ!とファック!を連発するタイプの曲を聴くことは許されない。音が漏れたりしたらもう事だ。部屋の片隅で息を潜めている以外に法がない。もしエレベーターで一緒になったら勿論直立不動で、なるべくなら呼吸も止めておくに限る。絶対に刺激してはいけない、絶対に関わってはいけない、それが暗黙の内に決まった住民の総意のようだった。そんなある晩、僕が呑み過ぎて深夜に帰ってくると、ゴミ集積所で一人汗水垂らして資源ゴミを分別している彼の姿がッ・・・!!酒の勢いに任せて話し掛けてみれば、「オレ、どこ行っても恐がられる。オレ居るとみんな窮屈。オレ迷惑かけてる。オレ、いつも独り。オレ悲しい。だからこれぐらいは・・・。」そんな、童話「泣いた赤鬼」的な展開なんてある訳が無いのは、この画像を見れば一目瞭然である。速攻で理不尽な激重のパンチ飛んでくるよ絶対。
2004.09.30 Thursday * | - | - |
| - | スポンサーサイト
2005.12.28 Wednesday * | - | - |
page /
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
page /
LATEST ENTRIES
RECOMMEND
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定) (JUGEMレビュー »)

amazonのレビューっつーか、収録内容の羅列を読んでるだけでもうヤバイ。「早朝マウス・トゥ・マウス (ターゲット:浪越徳治郎)」とか「信州に動きのあやしい手打ちそば屋がいた」とか、文字だけで既に笑えてくる。全然内容覚えて無いのに!2004/12/22発売予定だって!
RECOMMEND
Get Lifted
Get Lifted (JUGEMレビュー »)
John Legend
公式サイトで試聴したらなんかよかったので、メモ。2004/12/28発売。
RECOMMEND
Life is beautiful
Life is beautiful (JUGEMレビュー »)
DOUBLE, Frontpage Orchestra, Yjuji Ohno, Soulive
■まずDOUBLEの何が良いって、公式サイトで書いてる日記が良い。マス釣りしたとか、富士急ハイランドで遊んだとかがキャピキャピした文章で書かれており、あの酸いも甘いも噛分けたような女然としたルックスでこれを書いているのかと思うと、それだけでグッとくるものがある。
それはさて置き、本題。今回のアルバムは全篇JAZZだ。ちょうど↑のジル・スコットを聴いたせいでR&B meets JAZZ っつー”てい”のもんを欲する体になっていた自分にとってはこれ以上無いタイミングでのリリースだった。当然ループ&ループ。なにしろ声が素晴らしい。演奏が素晴らしい。曲が素晴らしい。中でも表題曲「Life is Beautiful」の小気味良さと煌びやかさは異常! ビッグバンドジャズが持つ、妙にクリスマスっぽい雰囲気もあいまって、当分の間エンドレスループが続きそうです。
RECOMMEND
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Jill Scott
最初に聞いた時からどうにも心地よくて、それでいてどこかで聴いたことのある感じがずっとしてて。でも所謂ニュー・ソウルとかって全然しっかり聴いた記憶が聴いてなくて、それがラブタンバリンズじゃねえか?と気が付いた時に自分の中で合点がいった。うわー成長してねぇーっつって。もうどうしようってぐらい名盤。
ARCHIVES
LINKS
PROFILE


▲このページの先頭へ