ホームページ制作

hyacinth.

CATEGORIES----→

| - | スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.28 Wednesday * | - | - |
<< LOVE LIKE CRAZY | main | 3年B組金八先生 第一回「史上最低の3B!」を観る >>
| music | CHANGE MY MIND
CHANGE MY MIND
CHANGE MY MIND / TOKYO NO.1 SOUL SET

もう何年振りなのかもぱっと思い出せないぐらい久しぶりに出たソウルセットの新譜。調べてみれば、最後のリリースが1999年だったから、なんと5年ぶりだという。5年といえば、モーニング娘。のメンバーが9人脱退するぐらいの期間であり、また、全くアイドルに興味が無かった人間が、ちょっとした例え話でさえ「モーニング娘。で言えば―」などと、隙あらばアイドルの話をする!的な人間へと変貌してしまえるだけの歳月である。

それだけの歳月を挟んでのリリースだったので、期待しつつも一抹の不安があった。長い沈黙の後に全く別物になって帰ってくる、なんてことはよくある話。その上、タイトルからしてCHANGE MY MINDだし、揚げ句にソウルセットは過去にガラっと変わったこともあった(僕が好きになる前だけど)ので、正直どうなるものかと危惧していた。けれど、実際聴いてみれば、俊美の歌とビッケの疾走する詩が川辺ヒロシのトラックに乗ってるという大原則がそのままで、5年の空白が嘘みたいに、同一線上の先にある曲だった。相変わらずの唯一無二で耳に楽しく感性を刺激する曲。一言で言えば、うわーソウルセットっぽい! 「ぽい」って、まぁ本人なわけだけど、比較すべきものも似ているものすらも知らないのでそうとしか言えない。高校生の時、友達に「ソウルセットってどんなジャンル?」と聴かれて、しばし考えた末に「だから、ソウルセットだよ。」と全く説明になってない答えを半ば捻じ伏せるように言うことしかできなかったあのときを、今書いていて思い出した。

ここでちょこっとづつ試聴できます。
2004.10.12 Tuesday * | - | - |
| - | スポンサーサイト
2005.12.28 Wednesday * | - | - |
page /
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
page /
LATEST ENTRIES
RECOMMEND
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定) (JUGEMレビュー »)

amazonのレビューっつーか、収録内容の羅列を読んでるだけでもうヤバイ。「早朝マウス・トゥ・マウス (ターゲット:浪越徳治郎)」とか「信州に動きのあやしい手打ちそば屋がいた」とか、文字だけで既に笑えてくる。全然内容覚えて無いのに!2004/12/22発売予定だって!
RECOMMEND
Get Lifted
Get Lifted (JUGEMレビュー »)
John Legend
公式サイトで試聴したらなんかよかったので、メモ。2004/12/28発売。
RECOMMEND
Life is beautiful
Life is beautiful (JUGEMレビュー »)
DOUBLE, Frontpage Orchestra, Yjuji Ohno, Soulive
■まずDOUBLEの何が良いって、公式サイトで書いてる日記が良い。マス釣りしたとか、富士急ハイランドで遊んだとかがキャピキャピした文章で書かれており、あの酸いも甘いも噛分けたような女然としたルックスでこれを書いているのかと思うと、それだけでグッとくるものがある。
それはさて置き、本題。今回のアルバムは全篇JAZZだ。ちょうど↑のジル・スコットを聴いたせいでR&B meets JAZZ っつー”てい”のもんを欲する体になっていた自分にとってはこれ以上無いタイミングでのリリースだった。当然ループ&ループ。なにしろ声が素晴らしい。演奏が素晴らしい。曲が素晴らしい。中でも表題曲「Life is Beautiful」の小気味良さと煌びやかさは異常! ビッグバンドジャズが持つ、妙にクリスマスっぽい雰囲気もあいまって、当分の間エンドレスループが続きそうです。
RECOMMEND
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Jill Scott
最初に聞いた時からどうにも心地よくて、それでいてどこかで聴いたことのある感じがずっとしてて。でも所謂ニュー・ソウルとかって全然しっかり聴いた記憶が聴いてなくて、それがラブタンバリンズじゃねえか?と気が付いた時に自分の中で合点がいった。うわー成長してねぇーっつって。もうどうしようってぐらい名盤。
ARCHIVES
LINKS
PROFILE


▲このページの先頭へ