ホームページ制作

hyacinth.

CATEGORIES----→

| - | スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.28 Wednesday * | - | - |
<< 3年B組金八先生 第5回「踊れ!魂のソーラン」を観る | main | 金八のロケを見学してきた >>
| 3B | 3年B組金八先生 第6回「からだという本」を観る
ドラマとしては、前回のソーラン節を以って第一部が終了し、今回から始まる第二部に向けての伏線を張ることのみに終始した感のあった第六話。校長の健康不安、孝太郎とドラッグ、などなど今後の展開を占う上で欠かせない幾つかの問題が明確化された重要な回ではあったのだが、特にこれといった盛り上がりはなく・・・。

それでも、個人的に良かったところを挙げるとすれば、性教育用の人形で3Bの生徒が多感な時期丸出しで大盛り上がりしまくったの受けて話し合いが行われた教室のシーン。特にそのシーンでの、裸がそんなに珍しいのか?という流れで、金八が「銭湯の思い出」を3Bに語ったくだりがもうたまらない。まず、初っ端から金八が銭湯で見た”何故か体に絵がある恐い人”のモノマネする、それも往年の外人力士・高見山(二倍!二倍!・・ってコレ通じますか?)のような声を出してする、という大珍事に始まり、続けて、「3年B組金八先生」に聖域無し!のスタンスを宣言するかのように金八自ら「ちんことケツの穴」と発言、挙句頼まれてもいねーのに自分の幼少期のエロ坊主ぶりをニヤけたツラで告白したりと、もうそれ自体が感動モノではあったのだけど、そんな風に面白おかしく話をして生徒の興味を惹きつつ、気がつくといつの間にかしっかりと生徒に問題提起にしている、という、神業的な金八流説教テクを見れたことが旧来のファンとしては、嬉しかった。まぁ、ドラマの主たる内容には全く関係ないけどね。今回は次回高く飛び上がるためにしゃがみこんだような意味合いの回だったので、感動及び説教その他モロモロは次回に期待しますってことで。
2004.11.21 Sunday * | - | - |
| - | スポンサーサイト
2005.12.28 Wednesday * | - | - |
page /
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
page /
LATEST ENTRIES
RECOMMEND
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定) (JUGEMレビュー »)

amazonのレビューっつーか、収録内容の羅列を読んでるだけでもうヤバイ。「早朝マウス・トゥ・マウス (ターゲット:浪越徳治郎)」とか「信州に動きのあやしい手打ちそば屋がいた」とか、文字だけで既に笑えてくる。全然内容覚えて無いのに!2004/12/22発売予定だって!
RECOMMEND
Get Lifted
Get Lifted (JUGEMレビュー »)
John Legend
公式サイトで試聴したらなんかよかったので、メモ。2004/12/28発売。
RECOMMEND
Life is beautiful
Life is beautiful (JUGEMレビュー »)
DOUBLE, Frontpage Orchestra, Yjuji Ohno, Soulive
■まずDOUBLEの何が良いって、公式サイトで書いてる日記が良い。マス釣りしたとか、富士急ハイランドで遊んだとかがキャピキャピした文章で書かれており、あの酸いも甘いも噛分けたような女然としたルックスでこれを書いているのかと思うと、それだけでグッとくるものがある。
それはさて置き、本題。今回のアルバムは全篇JAZZだ。ちょうど↑のジル・スコットを聴いたせいでR&B meets JAZZ っつー”てい”のもんを欲する体になっていた自分にとってはこれ以上無いタイミングでのリリースだった。当然ループ&ループ。なにしろ声が素晴らしい。演奏が素晴らしい。曲が素晴らしい。中でも表題曲「Life is Beautiful」の小気味良さと煌びやかさは異常! ビッグバンドジャズが持つ、妙にクリスマスっぽい雰囲気もあいまって、当分の間エンドレスループが続きそうです。
RECOMMEND
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Jill Scott
最初に聞いた時からどうにも心地よくて、それでいてどこかで聴いたことのある感じがずっとしてて。でも所謂ニュー・ソウルとかって全然しっかり聴いた記憶が聴いてなくて、それがラブタンバリンズじゃねえか?と気が付いた時に自分の中で合点がいった。うわー成長してねぇーっつって。もうどうしようってぐらい名盤。
ARCHIVES
LINKS
PROFILE


▲このページの先頭へ