ホームページ制作

hyacinth.

CATEGORIES----→

| - | スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.28 Wednesday * | - | - |
<< 3年B組金八先生 第7回「友情が芽生える時」を観る | main | 3年B組金八先生 第8回「しゅうの愛する父」を観る >>
| hello! | 第3回ハロプロ楽曲大賞2004
第3回ハロプロ楽曲大賞2004

寺田〜にゃ! というわけでつんく♂さん及びピロスエさんお疲れ様です企画であるところのハロプロ楽曲大賞、今年も投票に参加させて頂きたいと思いますッ! 詳細は↑のバナーをクリックしてリンク先で確認してください。以下、自分の投票内容。音楽的なことはさっぱりわからないので、選考基準は、好きってことだけです。

【楽曲部門】
第1位 「シャイニング〜愛しき貴方〜」 カン娘。に紺野と藤本(モ娘。)
⇒ 曲中盤での藤本ジグザグ独唱(←この曲はコレの気持ちよさに尽きる)で一気に昂ぶらしといて、次の瞬間に突如トーンダウンしたかと思うと、また畳み掛けるように昂ぶってくる!で、その緩急織り交ぜた構成に酔いしれつつ、次の昂ぶりウェーブを待っていると、今度はそのまま曲が終わってしまう! 短ぇ! あまりに曲が短ぇ! この、ちっちゃい容器に入ってるヤクルトに勝るとも劣らない”物足りなさ”と、同時上映なのに30分ぐらいしかやらないドラミちゃん主演の映画のような”肩透かし感”がヤバイ。気が付くとまた昂ぶりを求めて最初から聴いてしまっている。そしてリピート地獄に陥った後には、この曲大好き!と友人に触れてまわる、チキンジョージ先生ばりに澄んだ目をした自分がいた!!

 使っているMP3プレイヤーの容量が驚異の256メガなので結構頻繁に曲の出し入れを余儀なくされているのだけど、この曲に関してはリリース以来、今の今まで不動。つまり、毎日聴いている。極端な話、今年はこの曲を聴けただけで十分満足だった。逆に言えば、この曲が無ければある意味での見切りをつけてたかもしれないのだけど、ともかく、この一曲を捻り出してくれただけでも、つんく♂さん今年一年どうもありがとうございましたァ!と言う価値がある、と思ってる。上限ギリギリの8点ブッ込もうかと思ったけど、2位3位の曲も負けず劣らず好きなので、5点。


第2位 「LOVE LIKE CRAZY」 後浦なつみ 
⇒ ことアイドルに関しては、カッコイイことをやろうとすることこそが、最もカッコ悪くなる原因だったりするけど、この曲は、そのカッコ悪さを有無を言わさぬカッコよさでブっ飛ばしちゃってる点が素晴らしいと思う。ダサさが突き抜けてて逆にカッコイイなんてのは、個人的にはもういいやという感じなので、こういう曲が増えてくれると嬉しい。これも反動への反動であって革新だとは思わないけど、何かこう、往年のとんねるず的な、何かの壁をぶち壊すだけのパワーを感じられた曲だった。おそらく、 Me Against the Musicみたいなのがやりたかったんじゃねえかなぁと思ったのだけど、どうか。3点。


第3位 「秘密」 後藤真希
⇒ アレンジが特別にどうというわけじゃないし、歌詞なんてほとんど聴いちゃいないに等しい。曲と声ばかり聴いてる。とにかく、この曲での後藤の声が好きだ。これほどに後藤の声を堪能できる楽曲は他に無いと思う。後藤ファンの皆さんが投票することを信じて、1点。


第4位 「恋してごめんね」 松浦亜弥
⇒ いかにもハロープロジェクトっぽい、懐かしさすら感じるようないい曲ですなこれは。ちなみに、当サイト名と松浦亜弥のあの曲は全く関係がありません。由来も想い入れも無いのでそのうち変えようかな。0.5点


第5位 「シャボン玉(asia mix)」 モーニング娘。
⇒ 元の曲が好きなので…。元も子もないことを言うと、5つ枠があったから入れただけでしかない。0.5点


【PV部門】
→ソニンと後藤関連しか見てないし、そのどれも特別楽しめたか?というとそうでもないのでスルーします。

【推しメン部門】
…これ難しいな。僕の場合は、2択だ。今年は、ソニンで楽しめた記憶が全く無いというか、はっきり言って体温が冷めるだけの一年だった(それだけに今度の新譜には期待してるのだけど)ので、要所要所で沸点に持っていってくれた後藤真希でお願いします。

以上です。
2004.11.27 Saturday * | - | - |
| - | スポンサーサイト
2005.12.28 Wednesday * | - | - |
page /
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
page /
LATEST ENTRIES
RECOMMEND
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定) (JUGEMレビュー »)

amazonのレビューっつーか、収録内容の羅列を読んでるだけでもうヤバイ。「早朝マウス・トゥ・マウス (ターゲット:浪越徳治郎)」とか「信州に動きのあやしい手打ちそば屋がいた」とか、文字だけで既に笑えてくる。全然内容覚えて無いのに!2004/12/22発売予定だって!
RECOMMEND
Get Lifted
Get Lifted (JUGEMレビュー »)
John Legend
公式サイトで試聴したらなんかよかったので、メモ。2004/12/28発売。
RECOMMEND
Life is beautiful
Life is beautiful (JUGEMレビュー »)
DOUBLE, Frontpage Orchestra, Yjuji Ohno, Soulive
■まずDOUBLEの何が良いって、公式サイトで書いてる日記が良い。マス釣りしたとか、富士急ハイランドで遊んだとかがキャピキャピした文章で書かれており、あの酸いも甘いも噛分けたような女然としたルックスでこれを書いているのかと思うと、それだけでグッとくるものがある。
それはさて置き、本題。今回のアルバムは全篇JAZZだ。ちょうど↑のジル・スコットを聴いたせいでR&B meets JAZZ っつー”てい”のもんを欲する体になっていた自分にとってはこれ以上無いタイミングでのリリースだった。当然ループ&ループ。なにしろ声が素晴らしい。演奏が素晴らしい。曲が素晴らしい。中でも表題曲「Life is Beautiful」の小気味良さと煌びやかさは異常! ビッグバンドジャズが持つ、妙にクリスマスっぽい雰囲気もあいまって、当分の間エンドレスループが続きそうです。
RECOMMEND
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Jill Scott
最初に聞いた時からどうにも心地よくて、それでいてどこかで聴いたことのある感じがずっとしてて。でも所謂ニュー・ソウルとかって全然しっかり聴いた記憶が聴いてなくて、それがラブタンバリンズじゃねえか?と気が付いた時に自分の中で合点がいった。うわー成長してねぇーっつって。もうどうしようってぐらい名盤。
ARCHIVES
LINKS
PROFILE


▲このページの先頭へ