ホームページ制作

hyacinth.

CATEGORIES----→

| - | スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.28 Wednesday * | - | - |
<< 3年B組金八先生 第9回「しゅうの母の秘密」を観る | main | 移転します >>
| 3B | 3年B組金八先生 第9回「中3の父 小6の母」を観る
小学校の教師になった卒業生に相談を持ちかけられる金八。相談内容は、自分の受け持ちの児童が妊娠し「産みたい。」と言っている、というショッキングなものだった。その相手が3Bの伸太郎なのでは? ということになって金八は動揺するが、程なく潔白が証明され事なきを得る。クラスでは性懲りも無くドラッグの話をする孝太郎をしゅうが殴りつける騒ぎがあり、その中で発達障害を持つヤヨがパニックを起こしてしまう。金八は、その問題を3B自身の手で解決させることにし、3Bは話し合いの末、見事に解決してみせた。タイトルと内容が乖離しまくりだった第10話。

「自分たちで考えなさい。」と言われて全員が学校を出て行ってしまった第4話と比較しろというかのように、3B生徒の変化が明確に描かれた回だった。問題を3B自身の手で解決する様なんて、まさにそれ。あの3Bがここまで成長するなんて! ということについての感動はなかったが、自分たちだけの話し合いで問題を乗り越えることが出来たということは、今後予想される大事件で繰り広げられる”熱い論議”の下地が出来上がっていることを意味しており、その点では僕の期待を刺激するに十分だった。今回程度の問題であれだけの熱さ(特に、3B’sのドンにしてクラスのまとめ役である直明が発した「しんたろぉぉぉぉぉ!!」の熱さは、特筆ものだった。)が出せれば、メインの大事件の際には、もう凄い事になるに決まっている。これは楽しみだ。

しかし、悲しさもある。それは、金八が、今まで「話し合い」という名の説教で問題を解決していたものを、生徒自身の「話し合い」によって解決させたことである。それも第4話との比較で、金八の変化、または成長ということを描いていると思うのだが、僕は、ここでしつこく主張しているように金八=激怒だと思ってる派なので、その変化がどうにも悲しい。というか、寂しい。自分の中の説教不足がいよいよ深刻になってきつつあるが、次回は金八恒例の2時間スペシャル(通称:金スペ)なので、きっと何かどえらいことが起こるハズ。どうか説教不足が解消されますように。
2004.12.19 Sunday * | - | - |
| - | スポンサーサイト
2005.12.28 Wednesday * | - | - |
page /
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
page /
LATEST ENTRIES
RECOMMEND
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定) (JUGEMレビュー »)

amazonのレビューっつーか、収録内容の羅列を読んでるだけでもうヤバイ。「早朝マウス・トゥ・マウス (ターゲット:浪越徳治郎)」とか「信州に動きのあやしい手打ちそば屋がいた」とか、文字だけで既に笑えてくる。全然内容覚えて無いのに!2004/12/22発売予定だって!
RECOMMEND
Get Lifted
Get Lifted (JUGEMレビュー »)
John Legend
公式サイトで試聴したらなんかよかったので、メモ。2004/12/28発売。
RECOMMEND
Life is beautiful
Life is beautiful (JUGEMレビュー »)
DOUBLE, Frontpage Orchestra, Yjuji Ohno, Soulive
■まずDOUBLEの何が良いって、公式サイトで書いてる日記が良い。マス釣りしたとか、富士急ハイランドで遊んだとかがキャピキャピした文章で書かれており、あの酸いも甘いも噛分けたような女然としたルックスでこれを書いているのかと思うと、それだけでグッとくるものがある。
それはさて置き、本題。今回のアルバムは全篇JAZZだ。ちょうど↑のジル・スコットを聴いたせいでR&B meets JAZZ っつー”てい”のもんを欲する体になっていた自分にとってはこれ以上無いタイミングでのリリースだった。当然ループ&ループ。なにしろ声が素晴らしい。演奏が素晴らしい。曲が素晴らしい。中でも表題曲「Life is Beautiful」の小気味良さと煌びやかさは異常! ビッグバンドジャズが持つ、妙にクリスマスっぽい雰囲気もあいまって、当分の間エンドレスループが続きそうです。
RECOMMEND
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Jill Scott
最初に聞いた時からどうにも心地よくて、それでいてどこかで聴いたことのある感じがずっとしてて。でも所謂ニュー・ソウルとかって全然しっかり聴いた記憶が聴いてなくて、それがラブタンバリンズじゃねえか?と気が付いた時に自分の中で合点がいった。うわー成長してねぇーっつって。もうどうしようってぐらい名盤。
ARCHIVES
LINKS
PROFILE


▲このページの先頭へ