ホームページ制作

hyacinth.

CATEGORIES----→

| - | スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.28 Wednesday * | - | - |
<< 2ペイント イット ゴールド | main | ソニン番組出演メモ >>
| note | ほんとに近頃つまんない。
ほんとに近頃つまんない。ほんとに世界はつまんない。「もうたくさんだ、全てはクソだ。」というのはスリップノットのどれかの曲の日本語訳詞における稀代の名言であるが、そういった、もうなんか全てを投げ出して、目に入るものを片っ端からぶち壊した上で、どこか知っている人の誰もいない景色と空気のいい所に旅に出たくなる、という弱気の骨頂のような気分になることがままある。その理由は、主に人間関係、社会との繋がり、しがらみ、欲しかったグラサンが次行った時もう無かった、井上和香とKABA.ちゃんばかりでてくるTVにうんざりなどなど色々だが、それが末期になってくると、その行き場を失った弱気は出口を求めて妬みへと転じ、朝目が覚めたらオダギリジョーになってねぇかなぁ、とか、自分が和田社長だったならどれだけ楽しい日々が待っているのか、とか、そんなフザケた妄想を膨らますことで夜なべしてしまうことさえザラだ。自分が和田社長だったなら、鶴の一声でソニンのPVを思い通りに作れるわ、歌手活動の路線は決められるわと、もう考えただけで爆発寸前である。ギンギンである、と言い換えてもいいほどにエキサイティングだ。なりてぇなぁ和田社長に。いいよなぁ和田社長。矢口とかメールくれるしよー。そうやって一銭の得にもならない和田社長妄想に時間を費やし、頭の中で和田社長和田社長と連呼していたら、必然的にひとつの疑問にブチ当たった。

和田社長もいいけど、野田社長も凄いのではないか。

そう、野田社長とは、言わずと知れたイエローキャブの首領のあの人だ。グラビアアイドルを夢みて面接に訪れるパイオツカイデーのチャンネーたちを、自身のゴッドハンドで触診して選考する、という画期的なオーディションスタイルを確立していることは良く知られた話である。いいよなぁ野田社長。だが、ただそれが羨ましいだけではない。男子たるものそんなことを言う奴はフェイク野郎以外の何物でもないが、しかし、仮に野田社長が「俺、胸の谷間とかもう見飽きたから。」と言った場合は、僕らにはそれを信じる以外に選択肢が無いということに異論はないと思う。この『胸の谷間を見飽きた。と言って人に信じられる』ということがどれほど凄いことであるか、機会があれば一度時間をとってじっくり考えてみて欲しい。それが「俺、男として全部手に入れたから。」と言って万人に信じられる、と同義であることに気が付くことができるだろう。それに気がついた瞬間、僕は何か頭をドでかい木槌でゴリラにぶん殴られたような衝撃を受けたのだった。その瞬間から、「野田社長」という文字列を目にして「無敵」と読むようになるまで、さほど時間はかからなかったように記憶している。

そんな2大僕のなりたい社長界に颯爽と現れたのが、テレ東の菅谷社長だ。数日前に九十九式経由で得た情報によると、なんでも、テレ東の社長ともなると、松浦や藤本らとプライベートでゴルフが出来るらしい。すげぇな菅谷社長。ここにはあんまり書かなくなったけども、未だに友人経由でDVDアロハロ高橋愛をチェックするぐらいのことはしてる僕だ。つい先日もモーヲタから足を洗った友人から娘。動画満載のCD-R200枚を譲り受け、早速別の友人と山分けし、既に「うたばん」や「モーたい。」を中心に30枚前後を消化した僕である。ソニンの「ほんとはね。」とつんく♂の「TAKE1」が同時に届くようにアマゾンに予約済みの僕なのだ。MEGUMIやサトエリに「社長」と呼ばれるプレイも捨てがたいが、やはりハロプロメンバーとゴルフをするというプレイは比べようも無いほどに魅力的である。私がテレ東の社長になった暁には、取り合えず俺・つんく♂・後藤の3人でゴルフがしたいと思う。そして、そのラウンドの際は、是非ともタモリ・たけし・さんまのビッグ3ゴルフのシステムを取り入れたい。英語禁止ホールは当然として、「なんか」禁止ホールや「マジですか!」禁止ホール、更に「ロックやな」禁止ホールや「モーニング娘。・・・また、増えます。」禁止ホールなどの導入も前向きに検討していく所存だ。ラウンドが終わった後は、当然つんく♂の所有する自動車を後藤に運転させ、車庫入れの名目でブロック塀に突っ込むというプレイが待っている。「なにすんねん!」「なんか、がーってアクセル踏んだら、ボガーンって!」「そういうとこロックやなぁ。」その模様は正月のゆるい時間帯に放送することを約束します!!ぬはは、バビョーン☆というわけで
2004.01.28 Wednesday * | - | trackbacks(0) |
| - | スポンサーサイト
2005.12.28 Wednesday * | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://hyacinth.jugem.cc/trackback/17
トラックバック
page /
<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
page /
LATEST ENTRIES
RECOMMEND
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定) (JUGEMレビュー »)

amazonのレビューっつーか、収録内容の羅列を読んでるだけでもうヤバイ。「早朝マウス・トゥ・マウス (ターゲット:浪越徳治郎)」とか「信州に動きのあやしい手打ちそば屋がいた」とか、文字だけで既に笑えてくる。全然内容覚えて無いのに!2004/12/22発売予定だって!
RECOMMEND
Get Lifted
Get Lifted (JUGEMレビュー »)
John Legend
公式サイトで試聴したらなんかよかったので、メモ。2004/12/28発売。
RECOMMEND
Life is beautiful
Life is beautiful (JUGEMレビュー »)
DOUBLE, Frontpage Orchestra, Yjuji Ohno, Soulive
■まずDOUBLEの何が良いって、公式サイトで書いてる日記が良い。マス釣りしたとか、富士急ハイランドで遊んだとかがキャピキャピした文章で書かれており、あの酸いも甘いも噛分けたような女然としたルックスでこれを書いているのかと思うと、それだけでグッとくるものがある。
それはさて置き、本題。今回のアルバムは全篇JAZZだ。ちょうど↑のジル・スコットを聴いたせいでR&B meets JAZZ っつー”てい”のもんを欲する体になっていた自分にとってはこれ以上無いタイミングでのリリースだった。当然ループ&ループ。なにしろ声が素晴らしい。演奏が素晴らしい。曲が素晴らしい。中でも表題曲「Life is Beautiful」の小気味良さと煌びやかさは異常! ビッグバンドジャズが持つ、妙にクリスマスっぽい雰囲気もあいまって、当分の間エンドレスループが続きそうです。
RECOMMEND
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Jill Scott
最初に聞いた時からどうにも心地よくて、それでいてどこかで聴いたことのある感じがずっとしてて。でも所謂ニュー・ソウルとかって全然しっかり聴いた記憶が聴いてなくて、それがラブタンバリンズじゃねえか?と気が付いた時に自分の中で合点がいった。うわー成長してねぇーっつって。もうどうしようってぐらい名盤。
ARCHIVES
LINKS
PROFILE


▲このページの先頭へ