ホームページ制作

hyacinth.

CATEGORIES----→

| - | スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.28 Wednesday * | - | - |
<< モブログテスト | main | 二人ゴト〜ごっちんとあなた〜 を観る。 >>
| note | BEASTIE BOYS と ソニン
まさか繋がるはずも無いだろうと思っていた点と点が、いきなり繋がった!!

作り物のワニと戯れるビースティー作り物のワニと戯れるソニン
作り物のワニと戯れるビースティーと作り物のワニと戯れるソニン。
・・・わ、分かりづれえ!!
多分、なんかいろいろと多重で分かりづれえ!しかし俺、そんなのお構いナシでいつも通り一人大・興・奮!!!・・・まぁ、我ながら前回よりも悪フザけのすぎた重箱の隅つつき感があるのは否めないけども、でもソニンが上図でしている「作り物のワニをギターに見立てて、ロックスター気取り。」という、精神鑑定ドンと来い!ともとれる姿勢でブっ放したすぎた悪フザケ具合に比べれば、僕のそれなんてまだまだカワイイものだ。気がつけばもう3年か4年ぐらいこの手のサイトをやっているのだけど、もはや「伝わる / 伝わらない」ということがかなりどうでもよくなってまいりました。これからは、「自分にやさしいサイト作り」をモットーに、んなもんメモ帳に書いてろよ、ってことも積極的に書いていきたいと思う。

ちなみに、ビースティー側の画像は、ch-check it out のPVからのキャプなのだけど、このPV、例によって面白さがハンパじゃない。「ただケンカしてるだけ」なのになんでこんなにも面白いのかが果てしなく謎だが、なにか、下らなさなの向こう側のようなものを観た気がした。一応、コチラのWatch the Videoってところで観れます。
2004.06.10 Thursday * | - | trackbacks(0) |
| - | スポンサーサイト
2005.12.28 Wednesday * | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://hyacinth.jugem.cc/trackback/32
トラックバック
page /
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
page /
LATEST ENTRIES
RECOMMEND
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定) (JUGEMレビュー »)

amazonのレビューっつーか、収録内容の羅列を読んでるだけでもうヤバイ。「早朝マウス・トゥ・マウス (ターゲット:浪越徳治郎)」とか「信州に動きのあやしい手打ちそば屋がいた」とか、文字だけで既に笑えてくる。全然内容覚えて無いのに!2004/12/22発売予定だって!
RECOMMEND
Get Lifted
Get Lifted (JUGEMレビュー »)
John Legend
公式サイトで試聴したらなんかよかったので、メモ。2004/12/28発売。
RECOMMEND
Life is beautiful
Life is beautiful (JUGEMレビュー »)
DOUBLE, Frontpage Orchestra, Yjuji Ohno, Soulive
■まずDOUBLEの何が良いって、公式サイトで書いてる日記が良い。マス釣りしたとか、富士急ハイランドで遊んだとかがキャピキャピした文章で書かれており、あの酸いも甘いも噛分けたような女然としたルックスでこれを書いているのかと思うと、それだけでグッとくるものがある。
それはさて置き、本題。今回のアルバムは全篇JAZZだ。ちょうど↑のジル・スコットを聴いたせいでR&B meets JAZZ っつー”てい”のもんを欲する体になっていた自分にとってはこれ以上無いタイミングでのリリースだった。当然ループ&ループ。なにしろ声が素晴らしい。演奏が素晴らしい。曲が素晴らしい。中でも表題曲「Life is Beautiful」の小気味良さと煌びやかさは異常! ビッグバンドジャズが持つ、妙にクリスマスっぽい雰囲気もあいまって、当分の間エンドレスループが続きそうです。
RECOMMEND
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Jill Scott
最初に聞いた時からどうにも心地よくて、それでいてどこかで聴いたことのある感じがずっとしてて。でも所謂ニュー・ソウルとかって全然しっかり聴いた記憶が聴いてなくて、それがラブタンバリンズじゃねえか?と気が付いた時に自分の中で合点がいった。うわー成長してねぇーっつって。もうどうしようってぐらい名盤。
ARCHIVES
LINKS
PROFILE


▲このページの先頭へ