ホームページ制作

hyacinth.

CATEGORIES----→

| - | スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.28 Wednesday * | - | - |
<< 天国への応援歌 チアーズ 〜チアリーディングに懸けた青春〜を観る | main | レイラーニ / ほしのしづく >>
| note | ひとりぼっちになるためのスタートライン
 どうやらぶらっと訪れた大手「金八」ファンサイトの情報によると、なんと今秋に「3年B組金八先生」の第7シリーズが放送される予定にあるという。情報ソースは脚本家の小山内先生(金八全シリーズ担当)の発言からであるというので、これはもう確実に放送があるのだと思う。僕は、そうであって欲しいので、能動的にそう思い込むことにする。

 ついにあの金八が、あの日本屈指のエデュテイメントが、あのカタルシスの塊が、あのアイドル青田刈りの聖地が、2年のブランクを挟んで帰ってくる。金八の醍醐味である「感動と爆笑が見事に入り混じった不思議すぎる感覚」が、生きているうちにまた体験できるのだと思うと、僕は今にも荒川土手に飛び出して「三年B組ぃいいいい!!」と絶叫し、釣られて「金八先生ぇえええ!!」と叫びながら寄ってくるガキどもを「俺に触るんじゃねぇえええ!!」と、片っ端からぶん殴り倒さんばかりのテンションになった。なんていうか、もう、すごかった。嬉しくてしょうがなかったのだ。そして、その嬉しさウェーブが一段落し、ふと我に帰った途端、僕は、目の前が真っ暗になった。それは、紛れも無く”畏れ”だった。コレから先、僕がやらなければならないことを思うと、もはや笑顔さえも上手く作れやしない。何故なら、金八がやる以上、僕はそれを最高に楽しみたいと思っているし、『最高に楽しむ』ためには、浮かれ気分でただヘラヘラと放送開始を待つ、なんてことは、当然許されなどしないからだ。金八とは、そんな甘っちょろい世界ではないのだ。

『最高に楽しむ』には、それ相応の犠牲と痛みを伴う準備が必要であることを僕は知っている。ろくに更新もしないこんなサイトをアンテナ等に入れてくださってる方へ、感謝を込めて一つ言っておきたい。僕は近々、廃人になるかもしれない。金八新シリーズ放送開始当日にターゲットを絞り、自分の中の金八ボルテージを高めていかなければならないからだ。もっと正確には、放送開始時刻の”その瞬間”に、コチラの金八ボルテージをMAXの状態に、パンッパンに張り詰めたコンドーム風船のように、触れようものならいつ爆発してもおかしくない状態に、突然「いや、金八ならこう言うね。」と、赤の他人の口論に口を突っ込むぐらいの状態にまで持っていかなければならない。脳細胞の全てを総動員し、脳内を金八一色に染め上げていくのである。

具体的に何をすべきかというと、『金八全シリーズを今から一話残らず観なおす』ということだ。「スターウォーズ ジェダイの復讐」だけを観て真に愉しむということが不可能だとすれば、当然のことである。過去6シリーズ全てと番外編的な金八スペシャル10話、その全てを観かえすとなると、これはもう生半可なものではない。軽く計算してみたところ、全てを消化するためには全部で159時間かかるという地獄みたいな結論が出た。159時間って、日に直すと10日間とちょっとだぞ。金八サーガの歴史の深さに改めて愕然とする。とてもじゃないが、流石の僕でも、金八を続けざまに何本も観るという作業は自殺行為に等しい。ファミコンがそうであるように、どう頑張っても、一日1時間が限度だ。と、すると、159日かかることになる。いくらなんでも毎日欠かさずに観る、というのは生来の飽き性から不可能なのであり、もう時間的猶予は無いに等しい。今すぐにでもはじめなければならない。問題は、金八全話を録画したビデオテープに全くラベリングしていないという事実である。どこに何を録画したのか、さっぱり分からないのだ。まず、探すところから始めねばならない。きっと探してる最中に偶然みつけた昔のハロモニを最後まで観ちゃう等、様々な問題に悩まされることだろう。僕はそういう人間だ。もう本当に時間が無い。

あと、「新すぃ○○」でやっている「金八ぃ先生」は、イメージが崩れるのであえてシカトである。
2004.04.16 Friday * | - | trackbacks(1) |
| - | スポンサーサイト
2005.12.28 Wednesday * | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://hyacinth.jugem.cc/trackback/6
トラックバック
福田沙紀画像動画
福田沙紀画像動画
| 福田沙紀画像動画 | 2007/05/18 9:16 PM |
page /
<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
page /
LATEST ENTRIES
RECOMMEND
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定) (JUGEMレビュー »)

amazonのレビューっつーか、収録内容の羅列を読んでるだけでもうヤバイ。「早朝マウス・トゥ・マウス (ターゲット:浪越徳治郎)」とか「信州に動きのあやしい手打ちそば屋がいた」とか、文字だけで既に笑えてくる。全然内容覚えて無いのに!2004/12/22発売予定だって!
RECOMMEND
Get Lifted
Get Lifted (JUGEMレビュー »)
John Legend
公式サイトで試聴したらなんかよかったので、メモ。2004/12/28発売。
RECOMMEND
Life is beautiful
Life is beautiful (JUGEMレビュー »)
DOUBLE, Frontpage Orchestra, Yjuji Ohno, Soulive
■まずDOUBLEの何が良いって、公式サイトで書いてる日記が良い。マス釣りしたとか、富士急ハイランドで遊んだとかがキャピキャピした文章で書かれており、あの酸いも甘いも噛分けたような女然としたルックスでこれを書いているのかと思うと、それだけでグッとくるものがある。
それはさて置き、本題。今回のアルバムは全篇JAZZだ。ちょうど↑のジル・スコットを聴いたせいでR&B meets JAZZ っつー”てい”のもんを欲する体になっていた自分にとってはこれ以上無いタイミングでのリリースだった。当然ループ&ループ。なにしろ声が素晴らしい。演奏が素晴らしい。曲が素晴らしい。中でも表題曲「Life is Beautiful」の小気味良さと煌びやかさは異常! ビッグバンドジャズが持つ、妙にクリスマスっぽい雰囲気もあいまって、当分の間エンドレスループが続きそうです。
RECOMMEND
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Jill Scott
最初に聞いた時からどうにも心地よくて、それでいてどこかで聴いたことのある感じがずっとしてて。でも所謂ニュー・ソウルとかって全然しっかり聴いた記憶が聴いてなくて、それがラブタンバリンズじゃねえか?と気が付いた時に自分の中で合点がいった。うわー成長してねぇーっつって。もうどうしようってぐらい名盤。
ARCHIVES
LINKS
PROFILE


▲このページの先頭へ