ホームページ制作

hyacinth.

CATEGORIES----→

| - | スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.28 Wednesday * | - | - |
<< ソニン 6thシングル「ジグソーパズル」ジャケ写 | main | 金八本を掴む >>
| note | メッシュ加工
所謂キャップと呼ばれるタイプの帽子を被った男がいた。その男、襟足から覗く頭髪には白いものが数本混じってはいたが、比較的若々しい服装をしているために年齢がよくわからない。見様によっては、30代にも50代にも見えた。もし彼が50代以上のオヤジだとしたら、それは大成功だと言い切れるぐらい、素晴らしくよく出来た若作りの見本たり得る服装だった。

それだけに、その男が被っていたキャップのチョイスだけが、なにかやたらと惜しかった。そのキャップは、運動時や夏季における通気性を確保するために後頭部にあたる部分が網状のメッシュ加工されたやつだったのだが、そのメッシュ部分から透けて見える色が、黒でも白でもなく、どう見ても大々的に肌色だったのだ。強制的に横山ノック氏のヘアースタイルを思い出さざるを得ないほどに、キャップのへりのギリギリいっぱいまで、豪快に透けて見える肌色だった。思わず「あ・・・新しい!!」などとよく分からない感想を抱いてしまったほどに、斬新なまでの肌色だった。そのオヤジの詰めの甘さに、前しか見えない目玉をつけた人間の悲劇を、また、暑さにはどうしても勝てずにメッシュ加工のキャップを選んでしまったであろう様に、対自然における人間の脆弱さを見た気がし、他人事ながら、この夏の異常な暑さを恨んだ。
2004.08.07 Saturday * | - | trackbacks(0) |
| - | スポンサーサイト
2005.12.28 Wednesday * | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://hyacinth.jugem.cc/trackback/63
トラックバック
page /
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
page /
LATEST ENTRIES
RECOMMEND
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)
天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定) (JUGEMレビュー »)

amazonのレビューっつーか、収録内容の羅列を読んでるだけでもうヤバイ。「早朝マウス・トゥ・マウス (ターゲット:浪越徳治郎)」とか「信州に動きのあやしい手打ちそば屋がいた」とか、文字だけで既に笑えてくる。全然内容覚えて無いのに!2004/12/22発売予定だって!
RECOMMEND
Get Lifted
Get Lifted (JUGEMレビュー »)
John Legend
公式サイトで試聴したらなんかよかったので、メモ。2004/12/28発売。
RECOMMEND
Life is beautiful
Life is beautiful (JUGEMレビュー »)
DOUBLE, Frontpage Orchestra, Yjuji Ohno, Soulive
■まずDOUBLEの何が良いって、公式サイトで書いてる日記が良い。マス釣りしたとか、富士急ハイランドで遊んだとかがキャピキャピした文章で書かれており、あの酸いも甘いも噛分けたような女然としたルックスでこれを書いているのかと思うと、それだけでグッとくるものがある。
それはさて置き、本題。今回のアルバムは全篇JAZZだ。ちょうど↑のジル・スコットを聴いたせいでR&B meets JAZZ っつー”てい”のもんを欲する体になっていた自分にとってはこれ以上無いタイミングでのリリースだった。当然ループ&ループ。なにしろ声が素晴らしい。演奏が素晴らしい。曲が素晴らしい。中でも表題曲「Life is Beautiful」の小気味良さと煌びやかさは異常! ビッグバンドジャズが持つ、妙にクリスマスっぽい雰囲気もあいまって、当分の間エンドレスループが続きそうです。
RECOMMEND
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2
Beautifully Human: Words and Sounds, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Jill Scott
最初に聞いた時からどうにも心地よくて、それでいてどこかで聴いたことのある感じがずっとしてて。でも所謂ニュー・ソウルとかって全然しっかり聴いた記憶が聴いてなくて、それがラブタンバリンズじゃねえか?と気が付いた時に自分の中で合点がいった。うわー成長してねぇーっつって。もうどうしようってぐらい名盤。
ARCHIVES
LINKS
PROFILE


▲このページの先頭へ